火災保険って

先日の大風で屋根の瓦が数枚壊れた。
何かが飛んできて当ったらしいけど、それが何かは分からない。

まったく年々日本の天気は極端になっていくね。
今じゃ突風を通り越して竜巻なんて当たり前だし。

子供の頃、学校の運動場で空っ風が吹くと地面の土埃が舞い上げられ、
小さな渦を巻くのはよく見けど。

話は戻って、その壊れた瓦。

火災保険の対象になるっていうんだから、やっぱり保険はありがたい。
さっそく見積もりを取ってもらって、
業者さんと保険会社が直接やり取りするのかと思ったら、違うのね。

なんと、見積もりで出た金額に保険会社の査定がかかり、
OKなら個人(被保険者)の銀行にその金額が振り込まれるの。
で、あとは個人が業者に支払うってわけ。
なんか、あっけなさ過ぎると思わない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です